《 ニコ働で行こう 》

辛い仕事どうせやるなら楽しくやろう 対話とITで楽(タノ)しく楽(ラク)しよう 右の【twilogで私のつぶやきを見る】もご覧下さい


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


交流

ソシオメディア社 篠原稔和(Toshikazu Sinohara)さん

今日、ソシオメディア社の篠原稔和さんとお話しする機会を得ました。

篠原稔和さんとの出会いは、1年前に開催された「DESIGN IT! Conference 2007」 に自腹参加し最前列で2日間聴講した時です。
そのカンファレンスの終了時にカンファレンス主催者であった篠原稔和さんと一言二言言葉を交わさせて頂きました。
その後1年経過してしまったわけですが、物腰の柔らかい氏の人柄に魅かれ面談して頂きました。

意見交換する中で、1年前のカンファレンス以外にも氏との接点があったことがわかりました。
それは、私がこの様なIT技術による業務の効率化に目覚める切っ掛けとなった2003年12月出版の書籍「ウェブログ・ハンドブック」の著者ブラッド,レベッカさんを、氏が2005年2月のカファレンススピーカーとして招聘されたいたとのことでした。
バナー広告の文言に魅かれこの本を購入し、この本の存在でblogを知り、blogの実践の為に買ったマニュアル本でxoopsを動かすことが出来たことからCMSマニアになったものです。

そんな縁もあってか楽しく嬉しく意見交換をさせて頂き有意義な時間を過ごすことが出来ました。


篠原 稔和(しのはら としかず)- ソシオメディア株式会社 代表取締役

1964年生まれ。マネジメントとオフィス環境に関わるコンサルティング、オブジェクト技術を中心としたIT関連マーケティング、ウェブサイト構築に関わる調査・研究・コンサルティング活動を経て、2001年ソシオメディア株式会社を設立。自らも情報デザインのコンサルタントとして、情報デザイン、情報アーキテクチャ、ユーザビリティ、アクセシビリティ、ガイドライン、ユーザー中心設計を専門に「ユーザー行動と情報構造設計」に関わるプロジェクトおよび研究・講演活動に従事している。

主な経歴

多摩美術大学美術学部情報デザイン学科:非常勤講師(2000年〜2006年)
武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科:非常勤講師(2001年〜現在)
関西学院大学総合政策学部メディア情報学科:非常勤講師(2003年)
財団法人日本科学技術連盟ソフトウェア品質管理研究会「ソフトウェアのユーザビリティ」:主査(2002年〜2005年)、アドバイザー(2006年〜現在)
社団法人日本広報協会:広報アドバイザー(2003年〜現在)
特定非営利法人人間中心設計推進機構(HCD-Net):評議委員(2005年〜2006年)、理事(2007年〜現在)
主な訳書・監訳書

『 "ウェブ・ユーザビリティ" 』ヤコブ・ニールセン(MdN)
『 "Web 情報アーキテクチャ 第2版" 』ルイス・ローゼンフェルド ほか(オライリー・ジャパン)
『 "Amazon Hacks" 』ポール・ボシュ(オライリー・ジャパン)
『 "情報デザイン原論" 』ロバート・ヤコブソン(東京電機大学出版局)
『 "ユーザビリティエンジニアリング原論" 』ヤコブ・ニールセン(東京電機大学出版局)
『 "マルチメディア&ハイパーテキスト原論" 』ヤコブ・ニールセン(東京電機大学出版局)
『 "Web サイト エンジニアリング入門" 』トーマス・A. パウエル ほか(東京電機大学出版局)
『 "Web サイトユーザビリティ入門" 』ジャレッド・M. スプール ほか(東京電機大学出版局)
『 "Web サイトスタイルガイド" 』パトリック・J. リンチ ほか(東京電機大学出版局)、など多数。


ソシオメディア社

ソフトウェアのユーザーインターフェース設計やユーザビリティ評価などを専門に行う、デザイン・コンサルティングファームです。



ITアーキテクト Vol.20

[特集1]

目指すはインフラ・アーキテクト !!
“インフラ設計力”を鍛える !
ベンダー/製品の枠組みに頼らず、汎用的に生かせる設計知識/テクニックを学ぶ

[特集2]


理想と現実のギャップをどう埋めるか
仮想事例に学ぶ、
SOA導入の“現実解”
取り組み方は企業によって異なる
――製造業の仮想事例により、初期の計画/分析フェーズを成功させるためのポイントをつかむ

[特集3]

勝利に必要なのは、チームワークと戦術!
エンジニアが身に付けるべき
5つの営業テクニック
「目的を変える」、「条件を変える」、「敵を変える」、
「変わるのを待つ」、そして「戦わずして勝つ」
――実践的“セールス・タクティクス”と、エンジニアが担う役割


バックナンバー


ITアーキテクト Vol.19
ITアーキテクト Vol.19


[特集1]
アーキテクチャ・ガバナンス
[特集2]
主要各社のクラウド・サービスに迫る



ITアーキテクト Vol.18
ITアーキテクト Vol.18


[特集1]
インフラ技術の最新潮流
[特集2]
アジャイル開発実践の極意





ITアーキテクト Vol.17
ITアーキテクト Vol.17


[特集1]
クラウド・コンピューティング
[特集2]
ビジネス・センスを養うための20冊





ITアーキテクト Vol.16
ITアーキテクト Vol.16


[特集1]
コンポジット・アプリケーション
[特集2]
ビジネスに貢献するための“アーキテクト視点”





ITアーキテクト Vol.15
ITアーキテクト Vol.15


[特集1]
アーキテクトが知るべき“見える化”の極意
[特集2]
分散開発におけるプロセス管理





ITアーキテクト Vol.14
ITアーキテクト Vol.14


[特集1]
今こそ問う、「ITアーキテクト」とは何か
[特集2]
EA導入の“現実解”を探る





ITアーキテクト Vol.13
ITアーキテクト Vol.13


[特集1]
システム統合技術の今を探る
[特集2]
キャパシティ・プランニング





ITアーキテクト Vol.12
ITアーキテクト Vol.12


[特集1]
アジャイル・アーキテクチャ
[特集2]
事業継続性計画とITアーキテクト





ITアーキテクト Vol.11
ITアーキテクト Vol.11


[特集1]
ユーザー・インタフェース新時代
[特集2]
RFPの書き方、提案書の作り方





ITアーキテクト Vol.10
ITアーキテクト Vol.10


[特集1]
インフラ知識大全
[特集2]
技術力を高めるための心得"8カ条"





ITアーキテクト Vol.9
ITアーキテクト Vol.9


[特集1]
概念データ・モデリング
[特集2]
システム開発における「仮想サーバ」活用術





ITアーキテクト Vol.8
ITアーキテクト Vol.8


[特集1]
SOA開発最前線
[特集2]
ソフトウェア・プロダクトラインの実践ノウハウ





ITアーキテクト Vol.7
ITアーキテクト Vol.7


[特集1]
ドキュメンテーション完全ガイド
[特集2]
オープンソースを賢く使う





ITアーキテクト Vol.6
ITアーキテクト Vol.6


[特集1]
“作らない開発”に挑む
[特集2]
できるアーキテクトの七つ道具





ITアーキテクト Vol.5
ITアーキテクト Vol.5


[特集1]
アーキテクチャと「品質」
[特集2]
ITアーキテクトを育てる





ITアーキテクト Vol.4
ITアーキテクト Vol.4


[特集1]
アーキテクチャ設計技術の最新潮流
[特集2]
ソフトウェア・パターン活用の手引き





ITアーキテクト Vol.3
ITアーキテクト Vol.3


[特集1]
アーキテクチャ設計における「全体最適」と「個別最適」
[特集2]
ITアーキテクトの必読書50冊





ITアーキテクト Vol.2
ITアーキテクト Vol.2


[特集1]
変化に強い”アーキテクチャを作る
[特集2]
ITアーキテクトを目指せ!





ITアーキテクト Vol.1
ITアーキテクト Vol.1


[Introduction to IT Architect]
今こそ、ITアーキテクト宣言!
[Enterprise System Architecture]
企業システム・アーキテクチャの現在



スポンサーサイト


  TopPage  



Copyright ©《 ニコ働で行こう 》. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。