《 ニコ働で行こう 》

辛い仕事どうせやるなら楽しくやろう 対話とITで楽(タノ)しく楽(ラク)しよう 右の【twilogで私のつぶやきを見る】もご覧下さい


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< オープンソースでポータルにBIを組み込める  TopPage  Illustrator の代替ソフト 『InkScape』 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://nicodobiz.blog110.fc2.com/tb.php/112-fbc7fff6


聴いた話

視聴メモ 『ITで変わるアメリカの教室』

ビデオに録っていた『Edication2.0 ~ITで変わるアメリカの教室』 を見ました。
90分番組をただ見るだけではもったいないのでメモを取りながら見ました。
米国では授業にハンディ端末を用い各人の回答状況を把握したり、クイズ番組の様な授業を演出していました。
学習ガイドサイトと言うものが存在し宿題に欠かせない存在となっています。(視聴メモに実例あり)
カリキュラムの投稿サイトにより授業の共有が始まっています。(視聴メモに実例あり)

情報を簡単に得られるようになり考えることや考えを表現することに時間を費やすことが出来る幸せな時代が来たと思います


NHK番組情報
10月18日(土) 総 合 午後3:05~3:50
10月31日(金) 教 育 午後11:10~0:40

Education2.0 激変する世界の教育

出演:ピーター・バラカン、斎藤孝、赤堀侃司

 いまアメリカの教育に大きな変化が起きている。デジタル技術の浸透により、全く新しい学び方が生まれようとしているのだ。この変化に対応するため、NHKの教育番組コンクール「日本賞」も、テレビ番組に加えてゲームなどを受け入れるよう大きくモデルチェンジ。今年の日本賞の応募作品を織り交ぜつつ、世界の教育の地殻変動をリポートする。

 最大の変化は授業のデジタル化。アメリカ・ニュージャージーの中学校では授業は電子黒板で行われ、ウェブやWiiなど、最新のITツールがふんだんに使われている。宿題や家庭連絡も全てオンライン化という徹底ぶりだ。ITの活用で子どもたちの意欲が増し、授業がかつてないほど活気づいたという。黒板や鉛筆はすっかり過去のものだ。
 一方、ミネソタの高校では、学生たちのウェブからの「盗用」が問題になっている。今や多くの学生がウェブからコピー&ペーストして課題を処理。盗用について学生たちに問題意識はほとんどない。教師は、膨大なウェブからの盗用の発見やITツールの習得に追われながら、現代の学びの形を模索している。
 教育のデジタル化がもたらす光と影を描く。


以下視聴メモ
コナミのダンスダンスレボリューションが州立高校の体育の授業に採用されている

電子黒板授業:立方体の展開図を展開出来る、書き込みが出来る
     英国普及率75%以上
     使いこなしの研修が必要

学校でのPCの普及率
     日本7人に1台
     米国3.9人に1台

美術の授業
     PCで作成
     自身が持てる やる気に火を付ける

社会科の授業
     T型フォードの写真を示し100年前の授業
     インターネットでエジソンの蓄音機の動画を再生
     退屈しないで勉強出来る
     ノートPCを各人に配布し、ネットで地域の歴史を調べる
       無線LANが不調で技術担当が出動
       課題に取り組む

画面を見ることで興味をひかれる
トラブルの怖さは共通している
アートは簡単ですませられてはいけない
教育で苦労させるべきでエンターテイメントではない
若い人にとってはPCが体の一部になってきた
ネグロポンテの$100PC ラップトップがあると学校に行きたくなる

IT化したベルヘブン中学校
 食堂で映画上映・保護者会
 フィルタをかけたネット提供
 メールによるペーパーレス化
 帰宅後も先生とネットで結ばれている
 ネットで宿題、自分の宿題を開き調べて仕上げる
 先生同士が宿題の量を確認でき加減できる
 数学の授業 バンディ端末にログイン
   関数・代数・統計が扱える
   回答者数を表示
   他者の考えを確認
   授業後、先生が生徒各人の達成を確認
   間違えを恐れ手を上げない生徒も入力する

全員の考えを目にすることが出来る
実現出来なかったコミュニケーションが出来る
授業はお芝居になってお客さんの子になってしまっているが全員が参加出来る
匿名で参加出来る、書くことのトレーニング
話すことの抵抗感の克服も必要
社会人になる為のスキルを実に付ける
身をさらす緊張感のトレーニングも必要
挫折の経験も必要
ミレニアム世代2000年に成人になった世代
 挫折の経験がない
 聴く耳を持たない
 扱いに悩んでいる
日本でも
 正しいと思い込む人と折れて自己否定する人
 客観視して修正する回路が機能していない
ITで元気になる手助け・薬の役割がある

日本賞
 教育のIT化で日本賞の広がり
 学習ソフト オランダ ゲームスタジオ ゲーム作成公開
        日本 DS影山メソッド 電脳反復
        カナダ アナッシュ・インタラクティブ 漫画や物語を作る

ゲームをする:作られたゲームに組み込まれる
ゲーム化する:げーむとして組み込む

「ライ麦畑でつかまえて」を読んでポスターを作製する宿題
 SparkNotes:学習ガイドサイト 文学ガイドが始まり
  インターネット頼みの勉強でそれで成功するものではない 活かそうという気持ちが大切

  PinkMonky.com
  High Scool Ace
  CliffsNotes
    創業200年の学術出版社
    有料サイト→無料サイト 1000万件/月
    一般人が著述
    文化の一部に

バンディ端末で答えを一瞬で集める

問題点:コピペ
     コピペ見破りソフト
     出題方法を工夫する
     コピペで成績が下がる
     先生も出題をコピペしている
     書き直して提出した
     スパークノーツがなかったらテンションがあがらず時間がかかってしょうがない

     著作権に注意する必要がある
     調べることが学習だった時代から表現する時代に

日本で
     コピペは許さない、引用資料として明記させる
     チェック出来ない
     成績に反映
     人の考えの盗用に罪悪感がない、罪悪感の自覚が必要
     研究者は盗用は命取りだが学生にわからせられるか
     ただの情報が正確かどうかの判断が出来る必要
     コピペではなく資料として頭に取り込みカオスから自分の考えを手書きする
     参考にして自分の考えと比較し考えを現すトレーニングが必要
     コピペで処理だけではなく体験が欠けてしまう
     便利なものは使ってしまうが、努力することの大切さをどう伝えるか

ベルベブン中学
     早出して新ソフトで理科のクイズ作成
     4チームに別れ競わせる
     テレビ番組の様に進行
     ゲームに熱中し盛り上がる
     校長が10年続ける
        先生のスキルマップを作成し個人指導
        先生が成長を喜ぶ
        先生のやる気が必要
        とまどいを感じる30年先生 生徒が助けてくれた
          学びやすい方法の為にテクノロジーを導入する責任がある

ストックトン大学
     無線LAN
     映像と音を利用した授業
     教員養成
     生徒に負けたくない

ITを駆使した教員養成まではしていないが必要
新しい時代に新しいスキルが必要
自分の授業プランに合わせたITの導入が必要
先生の知識が主だったが今はネットが主になるので先生はコーディネータになる
教師の役割が変わってきている
教師に求められるスキルはITばかりではない
やる気をどうやって起こすかがキー
生徒が答えをふくらませて行く
子供の状況に応じ授業を練りこむ必要がある
直接体験とテクノロジーと
音読・板書・ネットそれぞれの先生がいていい

マトーメダイ高校
     Curriki:カリキ カリキュラムを共有するサイト
        Sunが提供
        22万人/月 世界中から参加
        国際会議で受賞
        投稿した授業案にコメントが付かず残念
        コメントが付いて相手とTV電話で交流

        本物で根拠があるかチェックが必要
        価値がある

カリキは画期的なもの
先生同士が悩み刺激をしあう
いろんなアイディアを自分用に出来るので画一化ではなく多様化していける
他人の授業を見ない、自分の授業を見られたくない風土がある
個の教育からネットワークの教育の時代
いいものは共有して行く時代
日々の刺激が大切
教師は教室の中で一番偉い存在なので学ばなくてもばれない、刺激がない状態に慣れ停滞している
先生の国際会議がネットにある
研究会が力量を高めてきた
共有を自分に反映する
ITが教育に影響を及ぼす
何のために学校に行くか、学校があるのか
学校はライブの空間 先生の熱が望まれる
学校は守られた空間だったがネットにより外の情報を使う能力が必要
スポンサーサイト

<< オープンソースでポータルにBIを組み込める  TopPage  Illustrator の代替ソフト 『InkScape』 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://nicodobiz.blog110.fc2.com/tb.php/112-fbc7fff6




Copyright ©《 ニコ働で行こう 》. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。