《 ニコ働で行こう 》

辛い仕事どうせやるなら楽しくやろう 対話とITで楽(タノ)しく楽(ラク)しよう 右の【twilogで私のつぶやきを見る】もご覧下さい


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 『世界の名建築100選』 8時間視聴  TopPage  ビジネスblog紹介 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://nicodobiz.blog110.fc2.com/tb.php/140-9735f099


芸術

来年のカレンダはクリムト

我が家の来年のカレンダは9月にパリ・モンマルトルで購入したクリムトです。
モンマルトルまで行き印象派を選ばずクリムトにした理由は、夏休みに視聴した多民族を統治した『ハプスブルグ帝国 全3回』の最後をクリムトが彩っていたからです。
この歳になってやっとモネでもなくセザンヌでもないクリムトの良さが理解出来るようになった気がしています。

そしてこのクリムトは『篤姫』のオープニング映像に影響を与えていることは有名です。
一昨日サントリー美術館開催中の『蒔絵展』の図録を見て気付いたことですが、クリムトが描いた『渦巻き』は蒔絵の渦巻きそのものだった様です。

という訳で、蒔絵→クリムト→篤姫 とリンクしていることがわかりました。
この様に敬意を表してパチることを芸術の世界では 『~にインスパイヤーされた』 、『~をインスピレーション・ソースとして』とか 『~捧げるオマージュ』と表現する様です。

実際NHKのメイキングでクリムトに言及しています。
篤姫の着物には、CGによりまるで金ぱくのような処理がほどこされている。これは「接吻」や「ユディトI」などで知られるオーストリアの画家、グスタフ・クリムト(1862〜1918年)の絵画をモチーフにしたもの。


DSCF4381.jpg

DSCF4380.jpg

クリムトの渦巻き                 篤姫の渦巻き
DSCF4381uzu.jpg DSCF4380uzu.jpg

スポンサーサイト

<< 『世界の名建築100選』 8時間視聴  TopPage  ビジネスblog紹介 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://nicodobiz.blog110.fc2.com/tb.php/140-9735f099




Copyright ©《 ニコ働で行こう 》. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。