《 ニコ働で行こう 》

辛い仕事どうせやるなら楽しくやろう 対話とITで楽(タノ)しく楽(ラク)しよう 右の【twilogで私のつぶやきを見る】もご覧下さい


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< サポートし、評価されている愛されていると感じさせる  TopPage  生産性向上アプリケーション 『Zoho』 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://nicodobiz.blog110.fc2.com/tb.php/160-4da4214f


ポータル

日本発のCMS 『Magic3』のマニュアル本

ビックカメラ有楽町店の書籍売り場で、『Magic3』のマニュアル本を発見しました。
『Magic3』の存在を今日初めて知りました。
私自身ウィジェットの理解がまだですので有用かどうかの判断は出来ませんが情報として紹介します。

私の生活圏である溝口で作られたものだそうです



デモ用資料 - 10分で構築できる静的コンテンツ&ブログサイト(パワーポイント) ダウンロード

Magic3は、日本発のオープンソースの汎用CMSです。(GPLv3ライセンス)
「汎用」CMSとは、いろいろな「機能」が載る事が可能という意味で「汎用」です。
「機能」とは、Eコマース、掲示板、wiki、ブログや業務処理なども含めて、Web上で実現できる様々な処理のことです。
Magic3は、Webアプリケーションプラットホームとしても強力な機能を発揮します。
ウィジェット」という部品仕様でモジュールを作成することによって、Webサイトにさまざまな機能を追加していくことが可能です。
すでにある機能に加えて、オリジナルな機能をどんどん付け加えていくことができます。
例えば、コンテンツ管理やEコマースの機能はMagic3のデフォルトの機能を使用し、追加でオリジナルの予約機能を組み込んだ
一体化したWebサイトの構築なども簡単にできます。
そういった場合は、ただ単にオリジナルの予約機能ウィジェットを作成するだけです。
今までの多機能なサイトは、ある機能はこっちのアプリケーション、ある機能はあっちのアプリケーションといったバラバラな仕組みで
構築されているものが多いですが、Magic3をベースにすると、さまざまな機能が一体化したサイトとして構築できます。
一体化したサイトでありながら、運用しながら、ウィジェットの交換でWebサイトの機能のバージョンアップが可能です。

 

通常、CMSとは、「コンテンツマネージメントシステム」の名前の通り、静的なコンテンツの追加や更新が可能なものです。
それに対して、Magic3の革新性は、コンテンツだけでなく「機能」自体が追加や更新が可能なところにあります。
コンテンツの入れ替えと同じように、Webブラウザだけで「機能」の入れ替えが可能です。
サーバの運用を停止することなく、瞬時に機能自体の変更が行えます。
Magic3は、あたかもコンテンツのように「機能」をマネージメント(管理)できる、CMSを超えたまったく新しいタイプのCMSです。




Magic3の特徴

  • 無限に進化するCMS
    Magic3は、動的に自由に組み合わせ可能な3種類の部品(フレームワークテンプレートウィジェット)
    で構成されています。(Magic3のしくみ)
    このうちの「ウィジェット」が、様々なWebアプリケーション機能を行う部品です。
    ウィジェット」を入れ替えていくだけで、まったく新しい機能を追加したり、既存機能のバージョンアップが瞬時に行えます。
    必要な操作は、Webブラウザから「ウィジェット」のアイコンをマウスで画面に並べるだけです。(瞬間的説明)
  • 多彩なWebサイト表現(テンプレートサンプル)
    Magic3のデザイン部分は「テンプレート」として完全に部品化されています。
    テンプレートを切り替えるだけで、一瞬でサイトのデザインを変更できます。
    以下のMagic3のデモサイトで確認してみてください。
    (JoomlaというCMSのテンプレートと互換性があるので、世界に数千種は存在するテンプレートがそのまま利用できます。)
  • 初心者から上級者まで利用可能なノンコーディングシステム
    「3分でインストール完了(慣れると30秒)、3分で使い方をマスター、10分でりっぱなWebサイト運営者」
    Magic3は、HTMLタグを編集したりプログラミングを書いたりしなくても、自由にサイトをカスタマイズできます。
    コンピュータの専門知識のない初心者から利用できるソフトウェアです。
  • オープンソースソフトウェア
    Magic3は、誰でも承諾なしに自由にダウンロードして、無料で利用することができます。
    ソースの閲覧や利用も可能なGPLv3ライセンスのオープンソースソフトウェアです。
    お金がある人もお金がない人も、オープンソースの前ではなんの差別もなく等しく利益を受けることができます。
    キリストがそう言ったかどうかは定かではありません。



スポンサーサイト

<< サポートし、評価されている愛されていると感じさせる  TopPage  生産性向上アプリケーション 『Zoho』 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://nicodobiz.blog110.fc2.com/tb.php/160-4da4214f




Copyright ©《 ニコ働で行こう 》. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。