《 ニコ働で行こう 》

辛い仕事どうせやるなら楽しくやろう 対話とITで楽(タノ)しく楽(ラク)しよう 右の【twilogで私のつぶやきを見る】もご覧下さい


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< クリムトの記事を書いたのに  TopPage  任天堂が最高益 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://nicodobiz.blog110.fc2.com/tb.php/240-9a1843f7


芸術

クリムト特集番組の再放送

今私が一番気に入っている芸術家であるクリムトの特集番組の再放送が今日と12日にあります。
プレミアム8 文化・芸術 シリーズ巨匠たちの肖像▽クリムト 黄金にきらめくエロス
BShi 13:00~14:30


連休にパリの美術館巡りをしましたが出会ったクリムトの作品は1点のみでした。
やはりウィーンに行かなくては見られない様ですが、美術館ではなく私邸の障壁タイル画の例もあり実際に目にすることが出来ない作品もあるそうです。
琳派や蒔絵にインスパイアーされていることも紹介される様です。

オルセーに展示されていた1枚
IMG_5364.jpg


ソルボンヌ大学・パンテオン付近のハードウェアの店
IMG_6788.jpg


シャンゼリゼ通り北側にあるショッピングモールの奥の土産物屋
IMG_6456.jpg

IMG_6461.jpg

IMG_6462.jpg

IMG_6463.jpg

IMG_6458.jpg

IMG_6459.jpg

IMG_6460.jpg

他にルーブルの売店で「接吻」をモチーフとしたスカーフとネクタイとを発見しました。

日本でも銀座のユニクロの南にあるメルサGinza-2 3Fのダジュールという洋品店でクリムトやモネをモチーフとしたバッグや傘が売られています。
そこのクリムトのバッグを今回の旅行中に無料公開のオランジュリー美術館に入場待ちで並んでいる時に見かけました。

デザイナー名は覚えていませんが2009-10秋冬ミラノコレクションにもクリムトにインスパイアーされた作品が出品されています。


このblogのクリムトの記事を読む
スポンサーサイト

<< クリムトの記事を書いたのに  TopPage  任天堂が最高益 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://nicodobiz.blog110.fc2.com/tb.php/240-9a1843f7




Copyright ©《 ニコ働で行こう 》. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。