《 ニコ働で行こう 》

辛い仕事どうせやるなら楽しくやろう 対話とITで楽(タノ)しく楽(ラク)しよう 右の【twilogで私のつぶやきを見る】もご覧下さい


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 10万円で始めるBI BIBO  TopPage  MindManager 8 アップグレード割引 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://nicodobiz.blog110.fc2.com/tb.php/263-8720c26c


聴いた話

強烈な努力 棋士・藤沢秀行

私はヘボ将棋なら指せますが囲碁は打てません。

NHKアーカイブス『にんげんドキュメント「かあちゃんは好敵手 棋士・藤沢秀行と妻モト」
 2005年2月18日放送』を見ました。

ライバルを含めて全体のレベルを高める為にオープンな秀行塾を開き、多くの棋士を育てたそうです。
決して褒めることはしなかったそうですが、亡くなった後も塾生が線香を手向けに訪れると聞きました。

損得にこだわらず生きることの潔さを感じました。

年間シリーズ「学び、伝え、はぐくむ」。今回は、数多くの伝説を残し5月8日に亡くなった囲碁の棋士・藤沢秀行さんの生き方を見つめる。
自由奔放、天才的な棋風で知られた藤沢さんは、酒、女、ギャンブルにのめり込みながらも、常に碁のことを考え続け、その技を磨こうと努めた。そして手に入れた数々のタイトル・・・
その情熱は若手の育成にも向けられた。「ライバルを育てている藤沢は馬鹿だ」と言われながらも、「来るものは拒まず」の姿勢で続けられた秀行塾には、林海峰、趙治勲など、錚々たるメンバーが顔を揃えた。
藤沢さんの独特の若手育成法を通して、伝え、はぐくむことの意味を考える。

ゲスト:林海峰さん(棋士)/司会:桜井洋子アナウンサー&林家三平
■にんげんドキュメント「かあちゃんは好敵手 棋士・藤沢秀行と妻モト」2005年2月18日放送

「最後の無頼派」と呼ばれた藤沢さんの壮絶な生き方を支えたのは妻モトさん。悪口を言いながらも、夫の碁への情熱のすべてを受け入れ、50年以上連れ添ってきたのである。
秀行塾では、若手棋士に容赦のない言葉を浴びせる藤沢さん。しかし、その陰に隠された愛情を信じて、藤沢さんの元には、多くの弟子たちが集まってくる。
「弟子が強くなれば、自分がそれ以上強くなればいい。己を磨くために、ライバルを育てている」と語る藤沢さんの生き様を追う。
スポンサーサイト

<< 10万円で始めるBI BIBO  TopPage  MindManager 8 アップグレード割引 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://nicodobiz.blog110.fc2.com/tb.php/263-8720c26c




Copyright ©《 ニコ働で行こう 》. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。