《 ニコ働で行こう 》

辛い仕事どうせやるなら楽しくやろう 対話とITで楽(タノ)しく楽(ラク)しよう 右の【twilogで私のつぶやきを見る】もご覧下さい


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< Ads by Google の妙  TopPage  NY証券取引所の不正取引を監視するシステム >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://nicodobiz.blog110.fc2.com/tb.php/70-792e55c1


ソフトウェア

Inte IBM のお陰でソフトウェア処理でもなんとかなる

6月11日-13日開催されたinterop Tokyo 2008  IMC Tokyo 2008 で、ハイビジョンのエンコードを高速にソフトウェアで処理するというものが2件ありましたので紹介します。

ハイビジョンの生中継を行う場合、動画のエンコードの遅延が大きいといっこく堂の衛星中継ネタの様になってしまいます。
これを解決する為に、画面を分割しハードウェアで並列処理を行う超低遅延エンコーダが多数製品化されています。

ハードウェア処理
例えば
IBEX HLD-1000M
   遅延 15ms
今週からアキバで売っているもの
Pyro Kompressor HD 今日の価格498,000円
1テラOPSを実現する336個のRISCを搭載したパラレルプロセッサを採用したことにより、ソフトウェアエンコードと比較して最大約8倍高速にエンコード* が可能になります。

今回、ソフトウェア処理で165ms200msで処理するというものが展示されていました。
この程度の遅延なら普通は問題なさそうです。

ソフトウェア処理
NTTサイバースペース研究所 RISCA264-HD
  Core2Duo QuadCore 3GHz にて165ms

iSiD:IT Solution Innovator  ProRes422overIP
Mac により 200ms
これらはひとえにIntelとIBMの技術革新によるものです。
スポンサーサイト

<< Ads by Google の妙  TopPage  NY証券取引所の不正取引を監視するシステム >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://nicodobiz.blog110.fc2.com/tb.php/70-792e55c1




Copyright ©《 ニコ働で行こう 》. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。